助産師の現状

助産師の現状は、厳しいと言えるでしょう。なぜなら、産婦人科医の不足により、産婦人科が閉鎖されたことで活動の場が減ってきているからです。そうしたことから、多くの助産師は、病院や産科医院に勤務している現状にあります。

 

病院や産科医院で働く助産師は、医師や看護師など他のスタッフとチームを組みながら仕事を進めていますが、少子化の影響で人数をへらす傾向にあります。精神的にも体力的にもかなりハードな仕事ということもあり、実習途中で助産師を断念する人もいます。

 

正常な妊娠の場合の分娩介助が主な仕事になりますが、出産前のケアや出産後には母さんと赤ちゃんの世話もしなければなりません。助産師の現状を見ると、活躍の場が産科に変わりつつあると言っていいでしょう。それ以外の場でももちろん求人はあるのですが、内診が助産師に託された業務になっています。

 

助産師は、新生児を取り上げることができる資格なのですが、色んな事情により、それができない現場もあります。助産師の数自体、看護師と比べると非常に少ない現状にあり、助産師が不足している現場では、看護師や准看護師が違法と知りながらも内診を行わなくてはならないといった現状があり、助産師不測は深刻化しています。