高度なケアを提供する専門看護師

専門看護師とは、特定の分野で複雑、困難な看護問題を抱える対象に高度なケアを提供する看護師です。看護大学院の修士課程を修了していなければ取得することができない特別な資格であり、看護博士とも言える存在です。看護系大学院の修士課程で専門教育を受け、所定の単位を取得しなければなりません。

 

2年間、大学院生として実習を含む勉強や研究に専念しなければならないので、病院勤務の人は、休職もしくは退職を余儀なくされます。また、専門看護師になるには、実務経験が通算5年以上必要で、そのうち通算3年以上は特定分野での経験が必要になります。

 

専門看護師の資格試験には、認定審査があり、一次書類審査と、二次として看護実績報告書、筆記試験があります。そして認定後は、5年ごとに更新のための書類審査を受けなければなりません。

 

専門看護師は、水準の高い看護ケアを効率よく提供するため、直接ケア、相談、調整、倫理調整、教育、研究の6つの役割を担っていて、疾患や治療にだけ焦点を当てるのではなく、包括的なアセスメントに基づいて、患者の健康問題を診断した上で、エビデンスに基づいた多様なアプローチを行います。

高度なケアを提供する専門看護師関連ページ

看護師求人で条件を通すための方法!
看護師の求人では自分の条件を通すことがとても重要になってきます。そのため、自分の条件をいかに通せるかについて解説します!
看護師の福利厚生はどれくらい整っているの?
看護師の福利厚生はどの程度整っているのでしょうか?看護師の仕事をするうえで福利厚生はかなり重要な要素になってきます!
看護師の病院と診療所での仕事の違いは?
看護師の病院と診療所での仕事の違いにはどんな差があるのでしょうか?看護師の仕事ですがどんな違いがあるのか?
なんで看護師さんは給料が良いの?
看護師さんは給料が良いのでしょうか?看護師の仕事の内容を考えるとなぜ給料が高いのかわかってくるでしょう!