看護師の病院と診療所での仕事の違いは?

看護師の病院と診療所での仕事の違いの画像

看護師という仕事は、なにも病院だけで行われるものではありません。看護師という資格をいかし、診療所、介護施設、助産院などに就職あるいは転職する人はたくさん存在しています。この中で最もおおいのが、診療所を選択する人なのですが、看護師の病院での仕事と、診療所での仕事では、業務内容的にも勤務形態的にも給与的にも、大きな違いがあるといわれています。

 

そもそも、病院と診療所の違いとはなんでしょう。それは、病床数の数です。病床数が20以上ある大規模な医療機関は病院と呼ばれ、病床数が19以下のところは診療所と呼ばれるのが普通です。いわゆる町医者、クリニックというのが診療所にあたります。そのことからもわかるように、診療所の多くは専門分野のものとなっています。

 

歯科、眼科、皮膚科、精神科・・・・・・ですから、そこで働く看護師にも、その分野に特化した知識や技術が求められることとなります。と同時に、そういった中小の診療所では、医師も看護師も少ないのが普通ですから、医療行為の補助だけでなく、受付や会計など、一人がより多くの業務をこなせるようにならなければなりません。

 

一方、大手の病院は、患者数も多く、医師も看護師も多いので、仕事内容がきちんと割り振られていることがほとんどです。受付担当は受付担当、会計担当は会計担当と、全く別の部として機能しているのが普通です。看護師たちは、看護部という分野の中で、患者の看護と医師のサポートを主にしていくことになります。

看護師の病院と診療所での仕事の違いは?関連ページ

看護師求人で条件を通すための方法!
看護師の求人では自分の条件を通すことがとても重要になってきます。そのため、自分の条件をいかに通せるかについて解説します!
看護師の福利厚生はどれくらい整っているの?
看護師の福利厚生はどの程度整っているのでしょうか?看護師の仕事をするうえで福利厚生はかなり重要な要素になってきます!
なんで看護師さんは給料が良いの?
看護師さんは給料が良いのでしょうか?看護師の仕事の内容を考えるとなぜ給料が高いのかわかってくるでしょう!
高度なケアを提供する専門看護師