看護師は希望する部署への配属は可能ですか?

看護師は希望する部署への配属は可能ですかの画像

外科や内科、整形外科や耳鼻科など病院にはたくさんの診療科がありますよね。特に大きな病院だと診療科の数は十数個にもなります。そんな病院で働く看護師も配属された診療科によって身につけなければならない技術や知識が違ってくるといわれています。

 

でも元々配属希望の診療科がある場合、その希望って聞いてもらえるものなのか気になったりしませんか?今回は看護師は希望する部署への配属は可能なのかどうか調べてみました。

 

現在多くの病院で内定通知後、配属を希望する診療科を看護師に聞いており、殆どの看護師が第三希望までの診療科に配属されています。

 

しかし中には希望のかぶりが多かったなどの理由で希望した診療科とは全く違う診療科に配属されてしまうという看護師もいるようです。ただ希望外の診療科に配属されてしまっても、配属先の診療科で経験を積むことにより看護師としても人としても幅を広げることができるといわれています。

 

希望外の診療科に配属が決まるとがっかりしてしまう看護師が多いようですが、希望外の診療科への配属は損というわけではないようです。しかし希望の科がある場合などしっかりと希望を伝えて自分が仕事をしたい職場をしっかりと伝えておくのもとても重要になってくるんですね。

看護師は希望する部署への配属は可能ですか?関連ページ

看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?
看護師の転職の時に面接の対策はどうしたらいいのか?看護師の転職の時に重要になってくる面接の対策は?
看護師の転職はハローワークで充分?
看護師転職をする際にはハローワークだけで十分なのでしょうか?本当に好条件の看護師求人を見つけるためのポイントは?
離職中でも認定看護師になれますか?
離職中でも認定看護師になることは可能なのでしょうか?看護師の中でも特別に認められた看護師になることは可能なのか?
ブランクがある場合には看護師の転職はしにくい?
ブランクがある場合の看護師の転職はしにくいのでしょうか?看護師の転職がうまくいかない原因にはブランクがあるかもしれません。
男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?
男性の看護師が救命救急に多いのには何か原因があるのでしょうか?看護師が転職するときに参考になる転職情報です。
看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?
看護師になる為に適性検査をしっかりとするのは何ででしょうか?看護師になるために考えおかなければいけないことは?
看護師4年でクリニックは早い?
看護師4年でクリニックは早いのでしょうか?看護師が転職するときに考えなければいけないそんなポイントは?