看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?

看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?

転職活動に際して、最も重要となるのが面接です。せっかく素晴らしいキャリアをもっていても、面接でうまく立ち回ることができず、みすみす良い縁を逃してしまうなんてことも良くある話。

 

そんな不遇の事態に陥らないためにも、しっかり面接対策をしておきたいですね。

 

看護師の転職の際の面接対策として、行っておきたいのは、「自分がどんな看護師でありたいか。自分がいかにこの病院にふさわしいか」の説明文を、自分なりに作っておくことです。ただ漠然と看護師をやっている、なんとなく転職を考えている、というのでは、当然ながら他の候補者に埋もれてしまいます。

 

また、自分なりの考えがあっても、それをうまく文章に落とし込むことができなかったら、相手に伝えることはできません。事前にしっかり言葉に直して、いつでも人に伝えられるよう考えておきましょう。客観的な自己分析と論理的な思考ができる人は、それだけで好印象を与えます。

 

また、一般職の面接と同じく、聞かれたことに端的に理論的に答える、ハキハキと元気よく応じる、練習もしておきましょう。おどおどと小さな声しか出せない人は、面接に先立って大きな声を出す練習が必要です。

看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?関連ページ

看護師の転職はハローワークで充分?
看護師転職をする際にはハローワークだけで十分なのでしょうか?本当に好条件の看護師求人を見つけるためのポイントは?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?看護師は自分の希望するところに移動するために必要になってくることは?
離職中でも認定看護師になれますか?
離職中でも認定看護師になることは可能なのでしょうか?看護師の中でも特別に認められた看護師になることは可能なのか?
ブランクがある場合には看護師の転職はしにくい?
ブランクがある場合の看護師の転職はしにくいのでしょうか?看護師の転職がうまくいかない原因にはブランクがあるかもしれません。
男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?
男性の看護師が救命救急に多いのには何か原因があるのでしょうか?看護師が転職するときに参考になる転職情報です。
看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?
看護師になる為に適性検査をしっかりとするのは何ででしょうか?看護師になるために考えおかなければいけないことは?
看護師4年でクリニックは早い?
看護師4年でクリニックは早いのでしょうか?看護師が転職するときに考えなければいけないそんなポイントは?