男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?

男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?

男性看護師が務める多い部署は、精神科や救命救急センターと言われています。男性看護師が救命救急に多いのは、患者が突然錯乱して暴れることが多くあるからです。力の強い男性看護師なら、そうした場合にも対処できるので、重宝されています。救命救急センターに運ばれてくる患者は、暴れることが多く、場合によっては暴力を振るわれかねません。

 

女性だとそうした危機にうまく状況対応できません。それらを制止する役割が男性看護師には求められていて、結果的に救命救急に多く配属されているわけです。手術室やICUなどでも男性看護師は重宝されていて、手術に用いる機械の取扱についてもさることながら、男性のほうが実質的に体力があるからです。

 

精神科や救命救急センターは、患者が錯乱して突然暴れたり暴力を振るうことが多く、比較的力仕事が多いので、男性看護師は多く採用されています。このように、体力面で劣る女性をフォローする役割として、男性看護師は大きな役割を果たしています。救命救急だけでなく、今後は男性看護師の活躍の場はどんどん広がっていくでしょう。

男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?関連ページ

看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?
看護師の転職の時に面接の対策はどうしたらいいのか?看護師の転職の時に重要になってくる面接の対策は?
看護師の転職はハローワークで充分?
看護師転職をする際にはハローワークだけで十分なのでしょうか?本当に好条件の看護師求人を見つけるためのポイントは?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?看護師は自分の希望するところに移動するために必要になってくることは?
離職中でも認定看護師になれますか?
離職中でも認定看護師になることは可能なのでしょうか?看護師の中でも特別に認められた看護師になることは可能なのか?
ブランクがある場合には看護師の転職はしにくい?
ブランクがある場合の看護師の転職はしにくいのでしょうか?看護師の転職がうまくいかない原因にはブランクがあるかもしれません。
看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?
看護師になる為に適性検査をしっかりとするのは何ででしょうか?看護師になるために考えおかなければいけないことは?
看護師4年でクリニックは早い?
看護師4年でクリニックは早いのでしょうか?看護師が転職するときに考えなければいけないそんなポイントは?