離職中でも認定看護師になれますか?

離職中でも認定看護師になれますか?

離職中でも認定看護師になれることをご存知でしょうか?認定看護師は看護師としての実務経験が5年以上、そのうち特定分野の看護経験が3年以上あれば離職中であっても認定看護師の試験を受験することが出来ます。

 

ただし、教育課程の募集要項に「特定領域で勤務していることが望ましい」と書いてあるように、ブランクのある状態で認定看護師の試験を受験しても合格する確率は低いです。現役の看護師でも別に勉強をする必要のある認定看護師の資格ですので、ブランクのある状態や離職中では合格は難しいでしょう。

 

もし、状況が許すのなら看護師として働きながらの受験をおすすめします。

 

やはり実務経験の中で理解できることは多いでしょうし、看護師として働きながら直接患者さんたちとふれあうことで、看護のエキスパートとなる認定看護師への勉強の意欲もわくはずです。認定看護師の資格手当てを支給している病院もあります。

 

認定看護師を目指すなら、あらかじめ看護師として認定看護師の資格手当てを支給している病院に勤めながら認定看護師資格のための勉強と実務経験を積むのも良いでしょう。

離職中でも認定看護師になれますか?関連ページ

看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?
看護師の転職の時に面接の対策はどうしたらいいのか?看護師の転職の時に重要になってくる面接の対策は?
看護師の転職はハローワークで充分?
看護師転職をする際にはハローワークだけで十分なのでしょうか?本当に好条件の看護師求人を見つけるためのポイントは?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?看護師は自分の希望するところに移動するために必要になってくることは?
ブランクがある場合には看護師の転職はしにくい?
ブランクがある場合の看護師の転職はしにくいのでしょうか?看護師の転職がうまくいかない原因にはブランクがあるかもしれません。
男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?
男性の看護師が救命救急に多いのには何か原因があるのでしょうか?看護師が転職するときに参考になる転職情報です。
看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?
看護師になる為に適性検査をしっかりとするのは何ででしょうか?看護師になるために考えおかなければいけないことは?
看護師4年でクリニックは早い?
看護師4年でクリニックは早いのでしょうか?看護師が転職するときに考えなければいけないそんなポイントは?