看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?

就職活動をしている学生ならばピンとくるかもしれませんが適性検査というものがあります。実は看護師もそのような検査が存在することをご存知でしょうか。今回はこの内容に関して説明していきたいと思います。適性検査に使用されるのは一般的にクレペリン検査とY-G性格検査の2つと言われています。

 

この検査で何が知りたいのかとというと、看護師という職業に向いているかどうかということです。何故この様なことが知りたいかというと優秀な人材を見つけるのは勿論のこと、向かない人を見つけると言う意図もあるそうです。しかしこの検査ひとつで合格不合格が決まるという事はありません。あくまでその人の情緒の特性、行動や知覚の特性、さらに人間関係での特性について知りたいのです。

 

やはり理想としてはいずれの項目も偏りがなく、環境に適応していく力があれば良しとするのはどの職業も同じことなのではないでしょうか。折角検査を受けるのですから良い機会として自分を分析するために活用し、自分のレベルアップへとつなげていくのもいいかもしれません。

 

もちろん看護師の試験はこれだけんでなく、専門試験も存在します。
どちらか片方だけ、というのではなく両方出来るだけいい結果がでるように頑張りましょう。

看護師になる為に適性検査をするのはなぜですか?関連ページ

看護師の転職の際の面接対策はどうすれば良い?
看護師の転職の時に面接の対策はどうしたらいいのか?看護師の転職の時に重要になってくる面接の対策は?
看護師の転職はハローワークで充分?
看護師転職をする際にはハローワークだけで十分なのでしょうか?本当に好条件の看護師求人を見つけるためのポイントは?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?
看護師は希望する部署への配属は可能ですか?看護師は自分の希望するところに移動するために必要になってくることは?
離職中でも認定看護師になれますか?
離職中でも認定看護師になることは可能なのでしょうか?看護師の中でも特別に認められた看護師になることは可能なのか?
ブランクがある場合には看護師の転職はしにくい?
ブランクがある場合の看護師の転職はしにくいのでしょうか?看護師の転職がうまくいかない原因にはブランクがあるかもしれません。
男性看護師が救命救急に多いのはなぜ?
男性の看護師が救命救急に多いのには何か原因があるのでしょうか?看護師が転職するときに参考になる転職情報です。
看護師4年でクリニックは早い?
看護師4年でクリニックは早いのでしょうか?看護師が転職するときに考えなければいけないそんなポイントは?